Windows8付属の付箋アプリが便利でした。

surfaceを仕事用として愛用しているので、開いたすぐに自分メモ用のToDoアプリか、
付箋アプリが欲しいなーと思っていたところ、Windowsは7から付箋アプリが付属でついているらしいということを今更ながら知りました。そうだったのね。

スタート画面から探す

husen1

スタート画面に戻り、検索ボタンをクリック。

付箋をみつけ、呼び出しやすいように設定

husen2

検索窓に「付箋」と入力後、Enter

husen3

付箋アプリ上で右クリックすると「スタート画面にピン留め」や「タスクバーにピン留め」が選べます。
私はすでにスタート画面にピン留めしているので「ピン留めを外す」と出ちゃってますが。

起動させる

husen4

アイコンクリックで起動ができます。色も様々な色が選べ、増やす場合は「+」を押すのみ。

ショートカット―キー

husen5

文字の大きさ(大きく):[Ctrl]+[Shift]+[>]
文字の大きさ(小さく):[Ctrl]+[Shift]+[<] リスト:[Ctrl]+[Shift]+[L] 太字:[Ctrl]+[B] 下線:[Ctrl]+[U] 取消線:[Ctrl]+[T]

べんりー。ToDoリストもいらない気がしてきた。

Surface PRO3でキャプチャーを撮る方法

キーボードにあるものだと思っていた、「Print screen」ボタンがなくて焦りました。
ぬぉ!キーがない!えー、キャプチャーしたいのに・・・。
まぁSnapCrabも入ってはいるものの、
オンマウス状態をキャプチャしたいときは、プリントスクリーンが便利。
ということで、Surface Pro3でキャプチャーを撮るにはどうすべきか調べました。

結果は2つの方法がありました。
本体を使う方法と、タイプカバーキーボードを使う場合の2種類。

Windowsボタンとボリューム「-」を同時押し。

こちらは本体を使ったやり方。
まず、場所の説明。以下の写真で黄色の丸印がついてる箇所です。画面の右端中央にあるWindowsマークと
左サイドにある、音量の「-(マイナス)」ボタンを同時押しするだけ。

IMG_1508

IMG_1509

同時押しすると、一瞬画面が暗くなります。キャプチャされた画像は「ピクチャ」の中に「スクリーンショット」というフォルダが作られそこに自動的に入るようになっています。

Windowsボタンをポンと触ってしまうとスタート画面になってしまうので、えいっ!と同時押しがいいかも。※少し慣れるまでコツがいるかもしれませんが。頑張ってください・・・。

WindowsキーとSpaceキー、Fnキーの3つを同時押し。

これはキーボードを使ったやり方。
キーボードの一番下の列にある「Windows」の四角い絵の描いたキーと
スペースや変換の際に使う「Space」キー、「Fn」キーの3つを同時押しします。これでOKです。