Xserverにお引越しの方法と、Jetpackのエラーが出たお話

趣味でやってるブログがここのサーバではなく。
以前、ロリポよりちょっとだけハイクラスの「チカッパ」で契約していたのに、チカッパが終了すると同時に、強制的にロリポに移転になり、なし崩し的に使っていましたがあまりの遅さに限界。

もう引越ししようと決意しました。
Xserverは使ったことがなかったので、Xサーバーに決定。

Xserverにお引越し方法

[1]引越し前のデータを抜く

1)引越し前のサーバにFTP接続もしくは、サーバで用意されているファイルマネージャー的なものから、「wp-content」を丸ごとDL。

2)WordPressのダッシュボードに入って「ツール」→「エクスポート」→「Wordpressのエクスポート」からファイルをDL。

[2]Xserverにドメインの追加

Xserverには「インフォパネル」と「サーバパネル」があり、「インフォパネル」は契約者情報なので、「サーバパネル」に入る。
「ドメイン設定」→「ドメインの追加」を行う。
Xserver ドメイン設定 ドメインの追加

右下の小さいボタン「ドメイン設定の追加」を押して決定。

[3]XserverにWordPressのインストール

Xserverの左メニューにある「自動インストール」からWordpressを選択。
対象ドメインを先ほど設定したドメインを指定してインストール。

[4]XserverのFTPに繋いで「wp-content」を入れる

「サーバインフォ」の中のメニュー「FTP」に「FTPアカウント設定」があるので開く。
Xserver FTP設定

FTP接続して、WordPressの中にある「wp-content」を[1]で抜いてきたものを上書きでアップロード。

[5]hostを書き換える

hostを書き換え。XserverのIPアドレスはサーバインフォの中の「サーバ情報」の中にある。
Windowsではやったことあったものの、すでに忘れた…
Macでのhost書き換えは初めてだったので、便利なアプリに頼りました。
ここにあります→ host

DL、インストールしたら「システム環境設定」から一番下に「HOST」があるのでそれを立ち上げる。
システム環境設定

HOST

「変更するにはカギをクリックします」と書いてある通り、クリック。
(macのパスを入れる)
「+」で書き加えられるので、Xserverで調べたIPアドレスと、該当のドメインを入れる。
※「http://」と、最後の「/」はない、ドメインのみ入力

これで、該当のドメインを指定した時に、Xserverの方を向いてくれるので、Xserverの方のWordPressに入ることが可能に。
ただし、キャッシュが強く残っていたりするので、強制読み込みなどをすること。

[6]新WordPressにエクスポートしたデータをインポートする

新しいほうのWordPressに
「ツール」→「インポート」→「WordPress」→「今すぐインストール」
(または「インポーターの実行」)を押すとファイル選択画面になるので
「ファイルを選択」で[1]でエクスポートしておいたデータを指定し、「ファイルをアップロードしてインポート」ボタンを押す。

[7]新WordPressの設定を確認

・パーマリンク設定を同じに。
・プラグインを有効に

この2つの設定は確実に。

[8]ネームサーバを書き換え

ドメインの管理画面に入り、ネームサーバを書き換えたら、完了。
ロリポの方は時期を見て削除。

Jetpackのエラーが出た話

[7]でWordPressのプラグインの設定をしている時に、
どうしてもそれまで普通に使えていたjetpackにエラーが出て
WordPress.comとの連携がうまく行かず、有効化はできても使えない状態だったため原因を探ったら、Xserverの独自設定の「国外IP接続」がデフォルトでOFFになっていたからでした。

[1]WordPressセキュリティ設定に入る

サーバーパネルにログインし、「WordPressセキュリティ設定」メニューをクリック。
WordPress_セキュリティ設定

[2]ドメイン選択

設定するドメインを選択。
WordPress_セキュリティ設定_ドメイン選択

[3]設定の変更

右側にあるボタン(OFFにする/ONにする)をクリック。
WordPress_セキュリティ設定_設定

上記で、設定完了したのでjetpackの設定が成功しました!

WordPress:レスポンシブに対応したギャラリー「Unite Gallery」

タイル状にギャラリーを簡単につくれる「Unite Gallery」の紹介。
こんな感じ。

タイル状にサムネイルが並んで、クリックでLightBox風に大きく表示されるというもの。
「Unite Gallery Lite」という無償版もあるので枚数が少ない方はそちらでもOK。
無償版は1つのギャラリーに載せられる画像が12枚まで、という制限つきなのでそれ以上掲載したい方は有料版を入手してください。
ちなみに、19$(手数料入れて21$)でした。(2017/09現在)

「Unite Gallery」公式でデモ確認できます

プラグイン「Unite Gallery」の公式ページはこちら

ここのタイトル下にあるテーマをクリックすると、いろいろ選べます。

10種類以上のスタイルのギャラリーが選べます。

「Unite Gallery Light」使い方

プラグインのインストールまでは省略します。有効化してください。

インストールするとメニューが出てきます。
「Galleries」→「Create New Gallery」へ。

どのタイプがいいか選択します。
わからない場合は、公式で再度確認するか、デフォルトでOK
後から変更することもできます。
「Tiles-Columns」を選択すると、タイル風になります。

Gallery Title : ギャラリーのタイトルを入力
Gallery Alias : ショートコードで使用する値

Gallery Aliasの方は後で自分で分かりやすい単語などにしておいてください。
入力したら「Create Gallery」をクリックします。

「ITEM」のタブに切り替え、「Add images」ボタンを押して、ファイルを入れます。
名前は自動的に入りますがあとで、写真をクリックすると編集可能です。

写真を入れたら「Preview」で確認できます。
「Setting」タブに戻り「Gallery Shortcode」にあるショートコードを固定ページや、投稿ページに貼り付ければOK。
貼り付けたあとでSettingで写真の大きさなどを変えたい場合は、サイズを変更したあと
一番下の「Update Gallery」のをクリックで反映されます。

有料版を手に入れるには

envatomarketで購入します。
「Unite Galler」の有料版ページはこちらここの右上の「Shign in」からアカウント作成にうつります。

アカウントを作成する

右上の「Sign in」をクリック。
ポップアップするのでアカウントのない人は一番下の「Create an Envato account」をクリック。

中学英語がわかればできる英語なので大丈夫。
———————————–
First Name: 名前
Last Name: 苗字
Username: 好きなアカウント名
Email: アカウント作成後のお知らせを受け取るメールアドレス
Choose your username: ユーザーネーム
Choose your password: パスワードを
最後に非ロボットの認証をして、アカウントを作成します。
———————————–

国と、お知らせメールの有無を聞かれるので選択し、最後にはプライバシーポリシーに同意するか?というチェックです。

有料版ページはこちらから入っているので、アカウント作成が終了したら自動的にログインした状態で、「Unite Gallery」の有料版ページに戻ります。

カートに入れるボタンを押すと、下の画面になります。

 
小さいチェックボックスは、お金払ったらサポート12ヶ月まで延長しますよ、の意味。
下の「Go to checkout」をクリックします。

「Billing Details」は支払い明細のこと。
ログインしているので「First Name」「Last Name」「Country」は自動的に入力されてます。
あとは住所を入力。
住所の英語表記は「住所 英語表記」などでGoogleさんに聞いてください。
書けたら「Save and continue」。

クレジットカードかPaypalで支払います。
PayPalはカード番号入力とかがなくてほんと便利。

間違ってまた買わないように。
「Download」からPCにダウンロードします。
圧縮されたzipを解凍します。
さらにその下に圧縮されているので、それを解凍したものをプラグインのフォルダに入れて有効化します。
するとLite版が継承されて、有料版がそのまま使えます。

WordPress:GoogleMapを簡単に設置できるSimple Mapの使い方

教えてもらってとても便利だったのでご紹介。

ただ、プラグインをいれなくても、GoogleMapで住所検索したあと、共有ボタンを押して「地図を埋め込む」タブに切り替えれば、GoogleMapの埋め込みコードが取得できます。

けれど、いちいち、検索して貼り付けが面倒、とかGoogleMapのポップアップに簡単にテキストを入れたいとか・・・そいうのが簡単にできるプラグインです。

ということで、使い方の説明。
ただ、インストール部分は省きます。「Simple Map」で検索し、インストールして有効化します。

使い方・挿入方法

具体的にどのようにして地図を挿入するかというと、ショートコードを貼り付けるだけ。
このプラグインは、特に設定の必要はなく、ショートコードを貼り付けるだけで、投稿や固定ページにGoogleMapを挿入することができます。

住所のみ

住所だけを入力してショートコードにします。

※モードは「ビジュアル」ではなく、かならず「テキスト」にしてください!

これを記事に貼るだけ。

住所+幅+高さ指定

初期設定では幅が100%なので、幅と高さも変えることができます。

住所+テキストをポップアップ

アイコンクリックでテキストをポップアップさせることもできます。
[map addr=”住所”]ここの中にテキストを書きます。[/map]

Google Maps APIキーが必要

ただ、Simple MapプラグインはGoogle Maps APIキーが必要との警告が出ます。
取得方法はプラグインの「設定ページへ移動して設定してください。」をクリックすると、説明ページが開き、日本語でわかりやすく説明してくれています。