超初心者のためのイラストレータ講座:各部名称

超初心者のためのイラストレーター講座:初期画面の続き。今回は、新規ファイルを開いたあとの、各部の名称を覚えましょう。

各部名称

ツールとは

イラストレーターにはさまざまなツールがあります。
例えば
「文字を書く」=「文字ツール」
「直線を描く」=「直線ツール」や「ペンツール」
「図形を切る」=「はさみツール」「ナイフツール」「消しゴムツール」
用途によって道具を持ち替えて作業を行います。ツール類はかなり多く用意されていますが、最初からすべてを覚える必要はありません。基本となるもの、よく使うものから順に慣れていきましょう。

ツールの名称は、始めから覚えなくて大丈夫です。ツールの上にマウスを持って行きそのまま置いておくと、ツールの名称が出ます。アイコンや、場所で覚える方が早いかもしれません。

パネルとは

パネルはさまざまな情報の設定や、変更を行うためのものです。
始めからすべてのパネルが開いているわけではありません。必要なものを「ウィンドウ」から呼び出すことができます。
例えば、
色の変更をしたい場合:「スウォッチパネル」もしくは「カラーパネル」「カラーガイド」
読み込んだ画像名を知りたい場合:「リンクパネル」
図形の大きさを変えたい時:「変形パネル」
図形の並びを整列させたい時:「整列パネル」
目的のものに合わせてパネルを変更したり、自分好みにカスタマイズすることもできます。

「アイコンパネル化アイコン」を押すとアイコン化するか、引き出した状態にするかを選ぶことができるため、アイコンを覚えられない始めのうちは、アイコン化せず引き出した状態で使うことをおすすめします。

アートボードとは

作業領域のことです。アートボード内で文字を書いたり、絵を描いたりします。
アートボードの外側にも置くことはできますが、印刷などイラストレータ形式以外で開くなどした場合は反映されません。
アートボードの外に置く時は、一時保管的に考えておきましょう。

コントロールパネルとは

文字や、図形などのオブジェクトが選択された状態の時に、パネルを開かなくても簡易的に色や、線の太さ、文字の種類、大きさなど変えることができます。文字が選択された場合は、文字の種類や太さ、大きさ、段落などが変更でき、図形の場合は色、線の太さ、角度、透明度などが変更できます。
選択されたものにより、ここに表示される設定は少し変わります。また、環境設定や、ドキュメント設定もここから開くことができます。

超初心者のためのイラストレータ講座:初期画面

Adobeのイラストレーターを触ったことがないけど、触ってみたい。絵が描けるように、デザインができるようになりたいけど、画面が難しくて何をどうしたらいいのかわからない、という方のためのイラストレーター講座です。

本を買ったけれど挫折してしまった方も大丈夫。
まずは基本のみをやっていって、操作になれるところからはじめてみましょう。
※本講座ではIllustratorCC2017で画面説明しています。

初期画面

イラストレーターを開いたら、上部の「ファイル」→「新規」で開きます。開いたら上記のような画面がでます。怖くないですよ。

新規ファイルを開くときに、どんなファイルにする?と聞かれている画面になります。
インターネット・PCなどで使う場合は、「Web」のタブを。印刷で使いたい場合は「印刷」タブをクリックします。

インターネットで使いたい場合とは、ブログで使いたい、ホームページで使いたい、メールに使いたい場合などになり、印刷とはチラシや、名刺、パンフレットなど何らかの印刷物に使いたい場合や、印刷会社にお渡しして印刷してもらう場合は「印刷」のタブを選択します。

空のドキュメントプリセット

プリセットとは、あらかじめ用意された大きさのもの、ということになりますので、「空のドキュメントプリセット」とは「おおよそ使いやすそうなサイズの空(新規)ファイル用意しといたよ、ということ。
Webの場合、1280×1024pxが一番ノーマルの大きさになり、印刷の場合はA4が標準の大きさになります。
※Webの場合といっても、ホームページのデザインの場合であってそれ以外は標準的な大きさ、ということではありません。

プリセットの詳細

プリセットの詳細の下の「名称未設定○」になっている箇所をクリックすると、名前を変更することができます。

方向

Webの場合はあまり気にしなくていいですが、印刷の場合は縦か、横か先に決めて置く必要があります。クリックで切り替えができます。

カラーモード

「印刷」と「Web」の大きな違いはカラーモードですカラーモードは作成したあとでも「ファイル」→「ドキュメントのカラーモード」から確認できます。

「印刷」にはCMYK、「Web」にはRGBが使用されます。
CMYKはシアン、マゼンタ、イエロー、キープレート(≒黒、墨) の4つによって色を表しており、頭文字1字を取ったものです。
RGBは、レッド、グリーン、ブルーの3つによって色を表しています。

CMYKとRGBでは色の再現できる領域が違うため、「印刷」するものをRGBで作成しても出来上がりがまったく違う色になりますので気をつけましょう。

※ただし、「印刷」を選んだ時点で自動的にカラーモードは「CMYK」になり、Webの場合は「RGB」が選択されるようになっています。

ファイルを開いてしまっていたら?

「ファイル」→「ドキュメントのカラーモード」、もしくは「表示」→「色の校正」で確認することができます。
変更する場合は「ファイル」→「ドキュメントのカラーモード」から変更できます。

裁ち落としとは

裁ち落としを設定していると、アートボードの外側に赤いラインが表示されます。裁ち落としラインとは、印刷物を作成する際に紙の端まで色を塗ったり、画像を配置する場合に必要になります。余白を設け、はみ出した状態で配置し、このはみ出し部分を裁断することによって紙いっぱいのレイアウトになります。この余白のはみ出し部分が裁ち落としラインです。通常は3mmで作成されます。

イラストレータの赤い線を消す方法でもちょっと紹介しています。

続きはこちら>> 超初心者のためのイラストレーター講座:各部名称