仕事をする上で気をつけている3つのこと

フリーランサーとして仕事をする上でとても大事なこと。
技術が素晴らしいだけでは、仕事には繋がりません(と思っています)。もちろんつながることもあるし、そこも大事なのですが
ずっといい関係を続けるには「信頼関係」がとても大事になってくると思うのです。

私は誰よりも優れたデザインをする自信があるわけでも
最先端の技術を駆使できるわけでも、お客様からのすべての疑問にお応えできるわけでもありません。

セミナーに行ったりはしますし、私がわからないことは他にいくらでも詳しい人がいるので
その人達に聞いてみたり。
でも、本質はどこも同じかなーと思います。

連絡はこまめに

プロジェクトに入ると「〇〇してください」などの連絡が来ます。
修正だったり、新しい資料の配布だったり、質問だったり。

すぐに対応できる時もあれば、重なってしまってすぐに対応できないことも。
もし、すぐに動ける体制にあるのならすぐに対応した方がいいですが
優先順位が・・・・って時はとあえず返事をすることにしています。

既読機能のあるツールでやりとりしていたとしても
「受領しました」「承知しました」など返事をした方が〇。

依頼した方は見たのか、見てわかったのか、忙しいからスルーされてるのかわからないのです。
世の中には慎重で几帳面な人もいれば、おおざっぱな人もいるので
自分と相手が同じ感覚だとは限らない。
ということで、返事は早め!が鉄則。
あとで返事しようーとのんびりしてると、うっかり忘れちゃって・・・
ということもありますので気を付けてください。

「現状報告と先の見通しを伝える」

上で必ず連絡!といいましたが、その時に
 ・今どうなのか(どこまで進んでるなどの現状報告)
 ・いつ頃できるのか
この2つを盛り込んでいます。

余裕を見て、いつまでくらいには返事ができる、作業ができる等の
ざっくりした未来のスケジュールと
現状作業中であれば、その状況も報告しています。

例え、忙しくてバタバタしていても相手のスケジュールにも影響することなので、見通しを付けやすくして置いた方がお互い動きやすいと思うからです。

「出来る限り、早めに対応する」

ここはできる限りで。
重なれば無理なこともあるし、できないのに気持ちばかり焦っても仕方ない。
だけど、もし余裕があるのなら早めにした方がこれも「安心」から「信頼」につながるのだと思います。

当たり前すぎることかもしれませんが、ちゃんとできる人はちゃんとしてる理由があるのだと思います。
私の場合は、この3つのこと以外に最も重要なことが・・・・。
提出前の見直し!
おっちょこちょいで見落とし、間違いが多くて。・・・・ここが直れば・・・というか直します。

パソコンの処分にはここが便利でした。

古ーい、古いPCを2台も持ってたんですが、
いい加減処分しようと思っていました。
でも、データが・・・とかいろいろ面倒だったので
そのまま何年も放置。
いい加減やらないとーーと思い、
夫に相談したところよいところを見つけてきてくれました。
やた!
※自分で探せって話ですね・・・(;´Д`)

お願いしたのはこちら。
パソコン回収.com
回収費は無料!
回収してくれるのはパソコンだけではないようですが
今回はノートPCを2台お願いしました。

データの消去

一番心配なのはコレ。
PCの場合、データを消しても復元ソフトもあるし、素人にはわからない
いろんな方法で復活悪用されるのでは!?とドキドキします。
なので、例え「データ消去」と謳っていても最終的には信じるか否かにはなるとは思いますが。

この会社では「消去ソフト」の他に
「電磁破砕機」もしくは「物理破砕機」で完全消去するのだそうです。
サイトでは消去作業のフローも写真付きで解説されており
ちゃんとしてる感が伝わってきます。
ちゃんとしてる感大事。

かんたん回収

基本的には自分で梱包しますが、梱包材がない方にも対応。
ヤマト運輸の「パソコン宅急便」が来てくれます。

これは、ヤマト運輸に電話して梱包材を持ってきてもらい
その場で「梱包」「伝票記入」しヤマト運輸の人にお渡しすることができます。

送る方法には4つあって
 ・自分で梱包して送る
 ・ヤマト運輸の「パソコン宅急便」で取りに来てもらう
 ・ヤマト運輸に集荷を頼む
 ・出張回収サービスを頼む

自分で梱包して送る

梱包材と着払い伝票を準備する必要があります。
ただ自分の都合で発送できるのでラクです。

ヤマト運輸の「パソコン宅急便」で取りに来てもらう

梱包材、着払い伝票はヤマト運輸さんが持ってきてくれます。
が、多分梱包は自分でやるのだと思います。

なので、ヤマトの方を少々お待たせしなきゃいけないわけで
なんだか焦るし、申し訳ないのでやめにしました。

ヤマト運輸に集荷を頼む

上記の「パソコン宅急便」の梱包材がないバージョンです。

出張回収サービスを頼む

全国、土日・祝日OKでPC1台からでも
この「パソコン回収.com」さんの自社便で、電話1本で
回収してくれるそうな。
梱包材も伝票もいらないのでラクですね。

私は都合を合わせるのが面倒だと思ってましたが
モノは試し!とこちらでお願いしました。

いろいろサービス

事前に準備すれば、「データ消去証明書」も
発行してくれるようです。
また、個人だけではなく法人も請けてるそうなので
引っ越しや買換えでいらないものが出てきた場合は
お願いしてみるのもいいですよね。

PCだけではないと書きましたが「送料無料のもの」と
「送料無料と同梱すれば無料になるもの」と
「要相談」のものがあります。

「送料無料」に含まれるもので処分したいものがあれば
「同梱で無料」のものが家に放置されていないか
確認してみるといいですね。

送料無料品

  • 液晶ディスプレイ
  • デスクトップ及びノートPC
  • 薄型テレビ
  • ハイスペックゲーム機
  • エレキギター

送料無料品と同梱で回収できるもの

  • 携帯電話
  • ワープロ(液晶タイプ)
  • デジカメ
  • プリンター・スキャナ
  • ビデオデッキ・DVDプレイヤー
  • オーディオ機器全般
  • ビジュアル機器全般(ビデオカメラなど)
  • 電話・FAX
  • ミシン
  • 炊飯ジャー・電子レンジ

要問い合わせ品

  • コピー機
  • エアコン
  • 産業用機械
  • 紙折り機

デザイナーだけじゃもったいない。ポートフォリオを作ろう。

独立だ!フリーランスだ!となったら
次に用意しなきゃとなるのはポートフォリオ。

デザイナー以外の方でももちろん用意しておくととても便利だと思います。
ポートフォリオは「自分は何者なのか」「過去自分が何をしていたのか」「何ができるのか」などを要約したものなので、自己紹介になるのです。
デザイナーはそういったものを求められる機会が多いので、何となーくはわかっているとは思いますが、他の職業の方で作ったことがないと何を書けばいいのか迷うかもしれません。

正解はないので、試行錯誤ではありますがおおよそこういう要素を入れておくといいよーというものを紹介します。

デザイナー以外には、イラストレーター、プログラマ、広報、コンサルティング、カメラマン、ライター等。フリーランスの職業は多岐に渡るので書ききれませんが、ポートフォリオはデザイナーだけのためのものではありません。誰でも作ることができる自分をアピールするツールだと思います。

何で作るか

何でもいいのですが、自分の使いやすいツールにしてください。
代表的なのはMacではKeynote、WindowsではPowerPointです。
Illustratorでもいいし、Photoshopでもいいです。
ExcelやWordでもかまいません。
画像が貼り付けられて、文字が書けるツールなら使いやすいものがおススメです。

最終的には印刷、もしくはPDFにしますので
変換できるツールにしてください。

私はWindows派ということと、軽いという理由から主にPowerPointを使います。
ですので、PowerPointの説明が主になります。

PowerPointのテンプレートが便利

デザイナーは自分で一から作れますが、それ以外の職業の場合はお絵かきやデザインまでは難しいという方がほとんどだと思います。
そこで便利なのが、PowerPointのテンプレートです。

PowerPointのテンプレートであれば、探せばいくらでもあります。
それを利用します。
自分の職業に合ったもの、自分好みでOKですが
色の濃いもの、暗いものは個性的なものが多く好みが分かれます。
ビジネスの場合、清潔感や、しっかりした印象等も必要ですので
印刷した場合インク代が掛かることも考慮して、
白ベース、または薄い色ベースに差し色を選ぶ程度がいいかもしれません。

まずは表紙から

ポートフォリオでは表紙がない場合があります。
それは、最終的にクリアファイル等に入れると特に表紙が必要なくなるからです。

しかし、PDFにした場合はあった方がいいので表紙を作っておきます。
で、なにを書くか。
屋号の他に、初めて会った人に「(職業は)何をされていますか?」と
聞かれた時に答えるつもりで書くのがいいのではないかと思います。
例えば、「プログラムを~」というと、「言語は?」と聞かれますよね。
端的に話すけど、そこまで詳しく話さない程度の
相手の知りたい情報をわかりやすく書くといいのではと思います。
ポートフォリオ 表紙
参考程度に私のを載せています。
私の場合はいろいろありすぎたので結局「事業内容」ぽくなってますが
決してこれがいいわけではありません。
例えば、名前(屋号)の他に「Web制作を中心に、ディレクション/デザイン/ライティング/コーディングや、チラシ・パンフ等のDTPもお客様のご希望に合わせて柔軟に対応します」等の宣伝文句でもいいと思います。

概要を書く

通常のコーポレート系サイトであるような、会社概要のようなものを書きます。
会社のサイトでいうところの「会社概要(事業内容)」「ご挨拶」「沿革」などのページを想像すればイメージしやすいかもしれません。

「会社概要(事業内容)」=自己紹介

「会社概要」にあたる自己紹介。
自分の仕事のことについて書きます。

  • 屋号
  • 名前
  • 事業内容
  • ChatworkやSkype、メール等のWebからの連絡方法

これが最低限必要な項目かなと思います。
私は書いていませんが、必要であれば以下も入れてもいいかもしれません。

  • 住所
  • 電話番号
  • URL(ブログなど)
  • Facebook ID
  • Twitter ID

私がこれらを書いていない理由は、住所・電話番号に関しては
個人の自宅なので、誰にでも公開したくないのと
電話は名刺やメールの署名に書いているからです。

また、FacebookやTwitterについては、私は公開を友人にしており、Twitterは鍵付きにしています。不用意に繋がりを増やして言いたいことが言えなくなるのが嫌なので書かないことにしています。
住所などは、「中央区〇〇」までにしておいてもいいとは思いますのでそのあたりは、個人情報に対する自分のポリシーに従って決めてくださいね。
ポートフォリオ自己紹介

「ご挨拶」=自己アピール

これはなくても全く問題ありません。
文章が苦手な人は避けていいと思っています。
ただ、書く場合も会社案内ページにあるような長々とした「ご挨拶」を書く必要はなく、事業内容では書ききれなかったこと等を2~3行程度でまとめるといいと思います。

「沿革」=略歴

資格取得が必須な場合や、学校等で勉強したよ、経験があるよ、というのを書くことができるのが略歴です。
学校に行った、どこの企業で何してたなど、必要な経歴を簡単にかきます。
小学校から書く必要はありません。
最終学歴後や、今の職業に関連のある経験で充分です。
私は、国内メーカーの美容部員→理容師→Webデザイナーという変わった経歴ですが、そこまでは書いておらずWebの勉強をした頃のことから書いています。
ポートフォリオ 沿革

実績

ここで実績紹介になります。
私は、WebサイトとLP、DTP、イラストを掲載したため目次を設けて分けました。
実績紹介では、「5W1H」を意識します。
「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」

  • いつ → 年月(2015年2月等)
  • どこで → 他会社所属の場合は、どこに勤めていた時か、URL等
  • だれが → 依頼主等
  • 何を → 自分は何をしたのか、何を担当したのか
  • なぜ、どのように → こだわり点や、考えと展開方法、理由

ポートフォリオ 実績
私の実績はあまり公に公開できないものが多いのでモザイクかけています。
上の「5W1H」に照らし合わせるとこうなります。

  • いつ → 2015年
  • どこで → URL
  • だれが → 分譲物件サイト(子請にて受託)
  • 何を → デザイン/コーディング(静的HTML)/レスポンシブデザイン。サイトリニューアル。
  • なぜ、どのように → 分譲住宅の写真が~

その他項目

私の場合、あとは実績を掲載しているだけですが
人によってはさまざまなページを作成される方がいます。

必須ではないですが、誰にみてもらうのかを考えて作るといいかもしれません。

お好みで

  • 受注~納品までの流れ
  • おおよその料金表
  • FAQ

活用方法

これも私の場合ですが、声が掛かかったらすぐに提出できるように準備しています。
紹介の場合、メールが多いので連絡の際に添付でポートフォリオを送るようにしています。
紹介してくださった方の信用でお取引するわけですが
相手の方は私のことを知らないので、やはり安心していただくには
まずはポートフォリオがとても役立ちます。

また、会社の場合、紹介相手が最終的な意思決定者ではない場合もあります。
そのため意思決定者に見てもらう「何か」があればいいと思っています。
それは、構築したサイトや、URL、サービス名等をいくつか挙げるだけでもいいのですが
まとめていると相手にも見やすく、少し信用度が上がる気がしています。

私は公開できる内容があまりないことからWeb上にはあげていませんが
もし、公開できる情報で構成できているのなら
ポートフォリオをWeb上にあげて、名刺にURLを書く方法もあります。

ポートフォリオサイトを作る!となると
専門知識もある程度必要になり手間もかかりますが、これなら専門知識がなくても可能です。
但し、Web上に公開する場合は個人情報の取り扱いには気を付けてくださいね。

みなさまに良い機会がおとずれますように。