2017年のお仕事的総括

本年も残すところあとわずか。
ちっとも、ブログを更新しておらずまたSNS発信も滞っており、相変わらず自分プロデュースが下手くそすぎるのですが、年末だけは振り返りとして書いておこうと思います。書いておくことで、この人何してんだろも解消できそうですし。

まず、お世話になった方々へ。

そそっかしく、ヌケてる私ですがたくさんのお仕事の機会をいただき、精一杯頑張りました。機会をくださった方々に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

前半は死にそうだったお話

今年前半は、何かしたか?と思うほどタイミングが悪いことが重なり、
お仕事がさっぱりになってしまいました。
あるには、あるんだけど、心の余裕を持って生活してくには厳しいというような状況。

始めは「こういう時もあるよな」「普段できないことをしよう」と考えては見たものの、元来超のつくほどの貧乏性のため、働いてないと怖い!!怖すぎる!!
ということで、初めてSNSで「ヒマです、仕事ください」アピールをしてみました。
夫の力を借りて。

普段、私それほど仕事忙しいアピールなんてほぼした覚えがないのですが、遊びの発信もあまりしていないせいか、仕事忙しいと思っていらっしゃる方が多くてびっくりでした。適度に遊んでますよー。

SNS発信から「じゃ、お願いしようかな」といっていただける方があり、本当にありがたかったです。感謝します!!

仕事の幅が増えたお話

同業社でフリーランスの方からよく聞くのは「私、何屋だろ」問題です。
別になんでもいいとは思っていますが、今のところ私の収入の多くはデザイナー職からなので、まだデザイナーと名乗れる・・。

デザインのお仕事以外にも、お声をかけていただく機会があり広報支援のお仕事もしています。あくまで「支援」という立場なので、会社員の方のようにがっつり広報に携われないのがちょっと残念なのですが、とても面白くやりがいもあるので、もうちょっとがっつりできたらいいなーと思っています。

広報支援のお仕事をするようになってからライティング系の仕事もちょこちょことやっています。
といっても、がっつり記事を作るや、コラムを書くというものではなく、お話をお聞きしそこから話をひろげて文章にする、というようなこと。得意か、といえばそうでもない気もしますが喜んでいただけているようなので、よかったと思います。

あとは前から、「教える」ということに興味がありやってみたかったことの1つにでしたが、機会があり講師のお仕事もしています。
今はIllustratorだけで、それでも最新機能や、あまり使わない機能については日々思い出し&勉強ですがとても楽しい!
今後、もっと増やしていけたらいいなーと思いつつ・・・・テキスト間に合わないのでそれが大変です。

仲間とのお仕事のお話

本業のデザイナー仕事では、受託が多いため「これやりました」実績がなかなか出せずにいます。
直接聞いていただければ、ポートフォリオをお見せすることもできますが、外に向けての発表ができないので仕事の内容や、仕事ぶりがわかりにくいのが問題かな・・・と思っています。
特に受託しかしない!と決めているわけではないんですが。

その中で、昨年も今年もですが
同じデザイナー仲間に声をかけてもらったことが非常に嬉しかったです。
ありがとうございます。
デザイン力ももちろん多少は影響するとは思いますが、同業の方に声をかけてもらうのは仕事ぶりというか、人として信頼してもらってることかなと思うので、これほど嬉しいことはありません。

私も人にお願いするときは
仕事しやすい(意見交換しやすい)方
連絡がちゃんと取れる方
ある程度まかせても大丈夫な方
そして信頼できる方をお願いします。

なので、声をかけてもらうだけで本当にありがたく・・・。
みなさまお世話になりました。

今後のお話

来年のことではなく、将来の展望として・・・・
こうなりたい、といううっすらとした希望のようなものはあるにはあるのですが、あまりをそれを目指すということはしない、と思っています。本当は、目標を掲げてそれに進む!というのがいいのかもしれません。

しかし、私の人生を振り返って見て・・・思うように進んだ試しがない、というか想像もしなかった場所にいます。
Webデザイナーになりたいとは思っていましたが、フリーになるつもりもなかったし、広報に携われるなんて思わなかったし、講師も興味はあったけどやると思ってなかった。全部自分の想定外の展開で、まぁ決めたのは自分ですがそういう予想外の人生も楽しいなと思っています。

だから、デザインの実務の仕事はずっとやり続けたい、とか
もっと勉強して講師の仕事を積極的にやってみたい、とか
野菜を作れる庭とか畑がある家に住みたい、とか
いろいろありますが、仕事をがんばる。それが一番です。

私的なお話

あるアーティストにハマったり、いろんな人のライブにいったり、ダンスを再開したり、引っ越し先のベランダが広かったので、ベランダ栽培始めてみたり。今年もいろんなことにチャレンジできました。
来年は・・・・楽器やってみようかなと考え中。習い事が増えてく・・・

最後に

ひとりで生きていると思っているわけではないですが、これほど人さまにお世話になった年もないと思うほど、たくさんの方のお力添えによって、無事年末を迎えることができました。
本当に感謝しています。
ありがとうございました。

年始の意気込みは毎年同じ。仕事がんばる、です。
よろしくお願いします。

仕事をする上で気をつけている3つのこと

フリーランサーとして仕事をする上でとても大事なこと。
技術が素晴らしいだけでは、仕事には繋がりません(と思っています)。もちろんつながることもあるし、そこも大事なのですが
ずっといい関係を続けるには「信頼関係」がとても大事になってくると思うのです。

私は誰よりも優れたデザインをする自信があるわけでも
最先端の技術を駆使できるわけでも、お客様からのすべての疑問にお応えできるわけでもありません。

セミナーに行ったりはしますし、私がわからないことは他にいくらでも詳しい人がいるので
その人達に聞いてみたり。
でも、本質はどこも同じかなーと思います。

連絡はこまめに

プロジェクトに入ると「〇〇してください」などの連絡が来ます。
修正だったり、新しい資料の配布だったり、質問だったり。

すぐに対応できる時もあれば、重なってしまってすぐに対応できないことも。
もし、すぐに動ける体制にあるのならすぐに対応した方がいいですが
優先順位が・・・・って時はとあえず返事をすることにしています。

既読機能のあるツールでやりとりしていたとしても
「受領しました」「承知しました」など返事をした方が〇。

依頼した方は見たのか、見てわかったのか、忙しいからスルーされてるのかわからないのです。
世の中には慎重で几帳面な人もいれば、おおざっぱな人もいるので
自分と相手が同じ感覚だとは限らない。
ということで、返事は早め!が鉄則。
あとで返事しようーとのんびりしてると、うっかり忘れちゃって・・・
ということもありますので気を付けてください。

「現状報告と先の見通しを伝える」

上で必ず連絡!といいましたが、その時に
 ・今どうなのか(どこまで進んでるなどの現状報告)
 ・いつ頃できるのか
この2つを盛り込んでいます。

余裕を見て、いつまでくらいには返事ができる、作業ができる等の
ざっくりした未来のスケジュールと
現状作業中であれば、その状況も報告しています。

例え、忙しくてバタバタしていても相手のスケジュールにも影響することなので、見通しを付けやすくして置いた方がお互い動きやすいと思うからです。

「出来る限り、早めに対応する」

ここはできる限りで。
重なれば無理なこともあるし、できないのに気持ちばかり焦っても仕方ない。
だけど、もし余裕があるのなら早めにした方がこれも「安心」から「信頼」につながるのだと思います。

当たり前すぎることかもしれませんが、ちゃんとできる人はちゃんとしてる理由があるのだと思います。
私の場合は、この3つのこと以外に最も重要なことが・・・・。
提出前の見直し!
おっちょこちょいで見落とし、間違いが多くて。・・・・ここが直れば・・・というか直します。

パソコンの処分にはここが便利でした。

古ーい、古いPCを2台も持ってたんですが、
いい加減処分しようと思っていました。
でも、データが・・・とかいろいろ面倒だったので
そのまま何年も放置。
いい加減やらないとーーと思い、
夫に相談したところよいところを見つけてきてくれました。
やた!
※自分で探せって話ですね・・・(;´Д`)

お願いしたのはこちら。
パソコン回収.com
回収費は無料!
回収してくれるのはパソコンだけではないようですが
今回はノートPCを2台お願いしました。

データの消去

一番心配なのはコレ。
PCの場合、データを消しても復元ソフトもあるし、素人にはわからない
いろんな方法で復活悪用されるのでは!?とドキドキします。
なので、例え「データ消去」と謳っていても最終的には信じるか否かにはなるとは思いますが。

この会社では「消去ソフト」の他に
「電磁破砕機」もしくは「物理破砕機」で完全消去するのだそうです。
サイトでは消去作業のフローも写真付きで解説されており
ちゃんとしてる感が伝わってきます。
ちゃんとしてる感大事。

かんたん回収

基本的には自分で梱包しますが、梱包材がない方にも対応。
ヤマト運輸の「パソコン宅急便」が来てくれます。

これは、ヤマト運輸に電話して梱包材を持ってきてもらい
その場で「梱包」「伝票記入」しヤマト運輸の人にお渡しすることができます。

送る方法には4つあって
 ・自分で梱包して送る
 ・ヤマト運輸の「パソコン宅急便」で取りに来てもらう
 ・ヤマト運輸に集荷を頼む
 ・出張回収サービスを頼む

自分で梱包して送る

梱包材と着払い伝票を準備する必要があります。
ただ自分の都合で発送できるのでラクです。

ヤマト運輸の「パソコン宅急便」で取りに来てもらう

梱包材、着払い伝票はヤマト運輸さんが持ってきてくれます。
が、多分梱包は自分でやるのだと思います。

なので、ヤマトの方を少々お待たせしなきゃいけないわけで
なんだか焦るし、申し訳ないのでやめにしました。

ヤマト運輸に集荷を頼む

上記の「パソコン宅急便」の梱包材がないバージョンです。

出張回収サービスを頼む

全国、土日・祝日OKでPC1台からでも
この「パソコン回収.com」さんの自社便で、電話1本で
回収してくれるそうな。
梱包材も伝票もいらないのでラクですね。

私は都合を合わせるのが面倒だと思ってましたが
モノは試し!とこちらでお願いしました。

いろいろサービス

事前に準備すれば、「データ消去証明書」も
発行してくれるようです。
また、個人だけではなく法人も請けてるそうなので
引っ越しや買換えでいらないものが出てきた場合は
お願いしてみるのもいいですよね。

PCだけではないと書きましたが「送料無料のもの」と
「送料無料と同梱すれば無料になるもの」と
「要相談」のものがあります。

「送料無料」に含まれるもので処分したいものがあれば
「同梱で無料」のものが家に放置されていないか
確認してみるといいですね。

送料無料品

  • 液晶ディスプレイ
  • デスクトップ及びノートPC
  • 薄型テレビ
  • ハイスペックゲーム機
  • エレキギター

送料無料品と同梱で回収できるもの

  • 携帯電話
  • ワープロ(液晶タイプ)
  • デジカメ
  • プリンター・スキャナ
  • ビデオデッキ・DVDプレイヤー
  • オーディオ機器全般
  • ビジュアル機器全般(ビデオカメラなど)
  • 電話・FAX
  • ミシン
  • 炊飯ジャー・電子レンジ

要問い合わせ品

  • コピー機
  • エアコン
  • 産業用機械
  • 紙折り機